Masslogue
建築とアート、住宅をテーマにした情報サイト
Masslogueトップ  > 建築家 > 坂茂 東北地方太平洋沖地震 緊急プロジェクト
3 18, 2011

坂茂 東北地方太平洋沖地震 緊急プロジェクト

ポンピドー・センター‐メスノマディック美術館も手がけた建築家 坂 茂(ばん しげる)さんが、
被害が甚大な東北地方太平洋沖地震の被災者の方のために、
緊急プロジェクトを立ち上げました。

東北地方太平洋沖地震 緊急プロジェクト

東北地方太平洋沖地震に関する多数の問い合わせをいただいておりますが、 被災者が避難されている避難所でこれまで作ってきた 簡易間仕切りを改良して作る活動を開始し、現在準備を進めております。 今後、避難所での生活を強いられる人々にとってはプライバシーもなく、 より精神的な苦痛が増すことを避けることが必要と考えます。

順次、詳細を掲載していく予定で、
同時に皆様からの義援金のご協力をお願い致します。

募金口座
銀行名:    三菱東京UFJ 銀行、 東松原特別出張所
口座名:    ボランタリー建築機構  坂 茂
口座番号:  普通 3636723

被災地への紙管での仮設住宅提案などで実績があり、
ちょっと前の情熱大陸でも取り上げられていました。
今回は、体育館等での一時的な避難所で、
プライバシーを守るための簡易間仕切りシステムを提供するようです。

確かに、映像では雑魚寝状態で、プライバシーは皆無。
特に赤ちゃんがいるご家庭は夜中の泣き声を気にして、外であやしたりしているようです。
この間仕切りがあれば、そういった負担も少しは軽減してくれるのでは、と期待しています。

先ほど寄付してきました。
このプロジェクトに賛同いただける方は、ぜひ協力をお願いいたします。

坂 茂 建 築 設 計

>> すべての記事を読む