Masslogue
建築とアート、住宅をテーマにした情報サイト
Masslogueトップ  > 住宅ローン > ソニー銀行 住宅ローン
2 06, 2005

ソニー銀行 住宅ローン

sonybank.gif

高くなる前に金利タイプを変更可能、ソニー銀行の住宅ローン


ソニー銀行(ソニーバンク)の住宅ローンは申し込みから契約まで、すべてインターネットで可能です。相談(仮審査)はインターネットで、正式な申し込みは郵送で、また契約までのさまざまな疑問に対しては、ソニー銀行専属のローンアドバイザーが電話や電子メールでサポートしてくれます。

ソニー銀行の住宅ローンの最大の特徴は、金利タイプの変更がネットで即座にできることです。これにより、住宅ローンの金利変動リスクに対してフレキシブルに対応することができます。

大手銀行は、翌月の金利が月末に発表されるのに対して、ソニー銀行は当月の中旬に発表されます。そのため、金利急上昇の発表があった場合でも、まだ高くなっていない状態の固定金利に切り替えることが可能です。しかも前述の通り、ネットですべて完結できるので、リスクを回避できます。

一部繰り上げ返済手数料(変動金利の場合)、保証料、団体信用生命保険料は無料、保証会社への手数料もなし、金利タイプの変更手数料(変動金利→固定金利)も無料です。
また、ソニー銀行の住宅ローンは、月に何度でもネット経由で一部繰り上げ返済が可能です。他行と比較して、変動金利のレートが安いので、当面低金利が続くと判断して、余裕資金を一部繰り上げ返済に充てたい場合には、うってつけの仕組みとなっています。

※借り入れ時には、取り扱い手数料42,000円が必要です。
※固定金利から金利タイプを変更する場合、金利タイプ変更手数料がかかります。


moneykit.gifなおソニー銀行では、返済や口座管理、振込みに金利のチェックなどを、アイコンが四辺に並んだ非常にユニークなツール「MONEYKit」を使って行います。複雑でわかりにくい“お金”に関するアレコレが直感的に操作でき、資産運用にも適しています。


金利相場を事前にキャッチして、有利な条件で返済できるソニー銀行の住宅ローンは、デイトレーダーに近い感覚でお金を操作できる新しいタイプの住宅ローンです。

>> すべての記事を読む