Masslogue
建築とアート、住宅をテーマにした情報サイト
Masslogueトップ  > 建築 > 世界最大の旅客機
1 21, 2005

世界最大の旅客機

airbus1.jpg欧州の航空機メーカー、エアバスが、米ボーイングのジャンボ機をしのぐ世界最大の旅客機「A380」を発表し、2005年1月18日に仏南部トゥールーズのエアバス本社で披露式典が行われました。2階席が機首から機体の後方まで続く総2階建て構造の客室を有し、標準仕様の座席数が555席、最大で853人が搭乗可能な、超スケールの旅客機です。

世界最大の旅客機「A380」は、全長73メートル、翼長79.8メートルで、ボーイングの「B747(通称ジャンボ)」を大きさでも搭乗員数(412人)でも上回っています。余裕のあるスペースには、ジムやバー、美容室、寝室、カジノなどにも活用できるそうです。まさに、空の“豪華客船”。

巨大な格納庫で行われた記念式典には5000人以上が招待され、エアバス出資国の首脳(シラク仏大統領、ブレア英首相、シュレーダー独首相、サパテロ・スペイン首相)も顔をそろえました。欧州の威信をかけたプロジェクトであることを物語っています。

公開されたのは試験用に建造していた4機のうちの1機で、初飛行にも使われる見通し。ちなみに、価格は1機2億6300万?2億8600万ドル! すでに欧米やアジア、中東などから150機近くが発注されています。

2006年半ばに予定されている初の商業飛行は、シンガポール航空によるロンドン線かシドニー線が有力。エアフランス航空は2008年に日本に乗り入れる模様。
また、「A380」が離発着するヒースロー空港では、誘導路の拡張や2階建て搭乗ブリッジなど、4億5000万ポンド(約860億円)の工費で改築工事中。受け入れ準備は着々と進んでいるようです。

airbus3.jpgairbus4.jpg

airbus2.jpgそれにしてもこのスケール、まさに建築的。しかもこれが空を飛んでしまうのだから、驚きですよね。内装もかなりいい感じにまとめられています。席幅も若干広くなるそうなので、快適な空の旅ができそう。早く乗りたい!

Link: AIRBUS

>> すべての記事を読む