Masslogue
建築とアート、住宅をテーマにした情報サイト
Masslogueトップ  > 建築 > プラダ 青山店
11 28, 2004

プラダ 青山店

prada_aoyama3.jpgスイスの建築ユニット、ヘルツォーク&ド・ムーロンによる、プラダ青山店に行ってきました。表層の菱形ガラスと、内部の菱形チューブで作られた空間は、先端的で品があり、そしてプラダというブランドが主張するテーマを表しているような気がしました。

1998年にプラダから依頼を受けたヘルツォーク&ド・ムーロン。このプロジェクトは、NYのアメリカ本部、イタリアの縫製工場、配送センター、プラダ青山店の4つの建築物を建てるというものでした。

prada_aoyama1.jpgプラダ青山店は、菱形のガラスで構成されたオベリスクのような外観で、思わず足を止めて観てしまうほどの力強さです。

prada_aoyama8.jpg平面、凹面、凸面の3種類のガラスがはめこまれ、表面に彫刻的な印象を与えつつ、内部には透過されたやわらかい光が差し込み、またそこから眺める景色を微妙に変化たらしめています。

ブランドショップにはめずらしく、エントランス前にはプラザ(広場)が設置されています。これはヘルツォーク&ド・ムーロンがこだわったポイントで、人とプラダの商品、そして街が交錯しあうよな場所を作りたかったから、とのこと。

prada_aoyama13.jpg白基調の内部は、菱形のチューブ上のトンネルが館内を交差、天井はパンチングメタルで覆われ、外観からは想像もつかないほどゆったりした空間でした。シリコン、ファイバーグラス、樹脂、パンチングメタルなどの人口素材と、それと対比した、レザーや毛皮などの自然素材によってデザインされています。ちなみに試着室はちょっとしたギミックがあるので、ぜひ一度観てみてください。

夜は内部の光がガラスを通して乱反射し、さながらステンドグラスのような印象。かっこよすぎます。

プラダ青山店は、もはやすっかり青山のランドマークとなっていますね。また行こうっと。


prada_aoyama2.jpgprada_aoyama5.jpgprada_aoyama6.jpg

prada_aoyama7.jpgprada_aoyama9.jpgprada_aoyama14.jpg

prada_aoyama10.jpgprada_aoyama11.jpgprada_aoyama15.jpg

>> すべての記事を読む