Masslogue
建築とアート、住宅をテーマにした情報サイト
Masslogueトップ  > 住宅ローン > JA 住宅ローン
11 25, 2004

JA 住宅ローン

低金利、段階式長期固定金利のJA 住宅ローン


JA(農協)の住宅ローンは、JAバンクが提供している2段階長期固定金利型の住宅ローンです。農業関係以外の人でも実は利用できるJA 住宅ローンを詳しく調べてみました。

農業関係者以外も利用できます
JA(農協)の住宅ローン「JAあんしん計画」は、正組合員もしくは、准組合員が借りることができます。正組合員は、地区内で農業を営んでいる必要がありますが、准組合員は出資金を出してJAを利用していれば、サラリーマンでも借りる事が可能です。


准組合員になりたいのですが、出資金額ってどれくらい?
出資金額は各地のJAにより異なりますが、数千円から数万円程度。原則、完済後に払い戻すことも可能です。


どのような用途に利用できる?
住宅の新築、増改築、中古住宅の購入、住宅用の土地の購入、住宅ローンの借り換えなどに利用できます。返済方法・融資額・融資期間等も選択が可能です。


金利はどれくらい?
金利は当初10年間と11年目以降で金利が異なる段階金利制です。両期間とも、公庫より0.1%低く設定されています。
さらに公庫では別途、0.3%相当の団体信用生命保険料がかかるのに対し、JAの住宅ローン「JAあんしん計画」の金利は団体信用生命保険料込み。実質的には公庫より0.4%金利が低い計算になります。


諸費用もあるよね?
諸費用などは各都道府県地区のJAごとに設定されていて、取扱手数料は0?3万円程度、繰り上げ返済手数料は0?数千円程度、ローン保証料は原則、借入額の0.2%程度となっています。


JA(農協) 住宅ローン「JAあんしん計画」の詳細データ

使いみち 住宅の新築・増改築、新築・中古住宅の購入、居住用土地の購入、他の住宅ローン等の借り換えなど
融資額 10万円以上5,000万円まで
融資期間 35年以内
融資利率 最長35年の長期固定金利(当初10年間および11年目以降の2段階固定金利)
※JA所定の金利による
返済方法 元利均等返済で、毎月返済およびボーナス時の増額返済も利用可能
担保 融資対象物件に対し、原則として第1順位の抵当権を設定
保証人 原則として不要(農業信用基金協会等の保証を利用)
団信 団体信用生命共済に加入(共済掛金は原則JAが負担)
火災共済
(保険)
融資対象物件に火災共済(保険)を掛け、第1順位の質権を設定

まとめ
長期固定金利が公庫よりも有利な点と、団体信用生命保険料はJAが負担するというところがポイントです。また、住宅ローンの借り換えにも利用できるので、現在の金利よりも安くしたい場合には検討してみましょう。なお、「JAあんしん計画」は2005年3月までキャンペーン商品として取扱いを強化していくことになっているそうです。

>> すべての記事を読む